トップ

自転車保険に入る知識

自転車保険はどんな時に必要か

自転車保険が必要になるときとは

趣味、環境に優しい、自動車を維持するよりも経費が安いなどの理由で、自転車人気が根強く続いています。それと関連して増加しているのが自転車による事故です。
事故したときに、保険に入っていれば安心というのはなんとなくわかりますが、自転車にまで事故対応のための保険が必要かとなると少し疑問です。
では、なぜ自転車にも保険が必要なのでしょうか?その理由考えてみましょう。
自転車保険の加入を検討中ならこのサイトが参考になります。

自転車を通学、通勤、買い物以外のレジャーや趣味として楽しむ人も増えてきました。それでママチャリと言われるような普通の自転車だけでなく、軽くて速い高級自転車も普通に見られるようになっています。自転車の数が増えればそれに応じて増えるのが自転車による事故です。

自転車と自転車、自転車と歩行者の事故が増加し、それに伴い自転車事故による高額賠償命令が裁判所により出されるという例も増えています。
例えば、歩行者に正面衝突し、意識不明の重体を負わせた小学生の親に対して1億円近い賠償命令が下されています。
このように、自転車による事故が増え、自分が加害者となり高額な賠償金を請求される場合があることを考えるとまじめに自転車保険の加入を考える必要があります。
こうした傾向を受け、兵庫県では自治体としていち早く、平成27年10月1日より、自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例に基づき、自転車保険等の加入が義務付けられるようになります。

自転車保険の加入を真剣に考えるべき理由として、自転車による事故の増加、自分が加害者となり高額賠償請求された場合の備えとしてということを挙げることができますが、保険ですから自転車で自分が怪我をした場合の治療費をカバーできるという理由もさらに付け加えることができます。

何か起こってからでは遅いので、何かが起こる前に、自己の安全と安心を保証してくれるものをしっかり準備しておくことはとても大切です。

Copyright © 自転車保険はどんな時に必要か. All rights reserved.